CoinomiでZCLからフォークしたBTCPを受け取る方法

モバイルウォレットCoinomiに入れてたZCLからフォークしたBTCPを受け取る方法をまとめます。
ニッチすぎてほとんどの人に需要なさそうですが、自分の備忘録ってことで・・w

今までの経緯

さて、前提の話を全然ブログに書いてないのでいきなり話が飛びますが、BitCoin(BTC)とZClassic(ZCL)の2種類のコインからハードフォークによりBitcoinPrivate(BTCP)という通貨がもらえるイベントがつい最近ありました。2018/2/28にスナップショットをとって、2018/3/2に配布です。(2/28にBTCもしくはZCLを所持している人に同数のBTCPが配布されます)

BTCPをもらうには、今回のフォークに対応しているウォレットにBTCもしくはZCLを入れて2/28を迎える必要があるのですが、その対応しているウォレットの一つがモバイルウォレットCoinomiです。

たかっちはBTCP取得狙いで、ZCLをマイニングでCoinomiに貯めておき、めでたく2/28のZCLスナップショットを迎え、BTCPをもらうことが出来たのですが、その手順で少し一癖ありましたので、レポします。

なお、公式ページでの受け取り方法の説明はこちらになります。

BTCPの受け取り方法


Coinomiを起動します。画面下部にBitcoinPrivateのウォレットが表示されていますが、今回のフォークとは関係ないです。


「コイン追加」をタップした後、「Zclassic」をタップ


「詳細設定」をタップ


「パスワード」欄にCoinomiのパスワードを入力、「派生パス」欄に「M/44H/147H/0H」を入力し、「追加」をタップ。
※派生パスを入力しないと受け取れません。


メイン画面に「BitcoinPrivate M/44H/147H/0H」というウォレットが追加されているのでタップ


スナップショット時にCoinomiのZclassicウォレットに入れていたZCLと同数のBTCPが付与されていることを確認。

ハードフォーク後のZClassic

ハードフォーク後は大暴落すると噂されていましたが、ZCLは案の定超絶大暴落してしまいました。フォーク前は1~2万円で推移していましたが、今のレートはなんと800円!流石に今回のフォーク狙いは失敗でしたかね・・w
BTCPを扱っている取引所がまだないため、いくらの値がつくかまだわかりません。ZCLはもう無いものとして忘れ、今後のBTCPに期待したいと思います。

まとめ

今回はZCLのフォークレポでしたが、おそらく他のハードフォーク時の対応も同じですね。取引所以外でフォークにより配布される通貨を受け取ったことがなかったので受け取れるまでドキドキでした。

今後取引所以外でフォークされた通貨を受け取る際の参考にしてください。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代某大手IT企業サラリーマン。 20代で社会保険労務士取得。妻娘の3人家族。爆益をあげているハイリスカー達を後目に、リスクを嫌い小銭を稼ぐ孤高の戦士。 2017年2月より株をスタートし、着実に収益確保。過去実施してきた財テクも含め情報発信していきます。