車を購入するときはマイカーローンを使おう

気づいたら車買って4か月も経ってしまいました。。Twitterでは報告していますが、たかっちはマイカーローンを利用して車を購入しています。今更ではありますが、マイカーローンについて記事にまとめます。

マイカーローンとは

マイカーに関する購入の際の支払いに限定して利用できるローンです。新車・中古車の購入以外には、保険、車検、修理免許取得費用など結構色々と使えるみたいですね。あとはクルーザーなどのマリンスポーツに関する支払いでも利用できるようです。

マイカーローンを組む理由

金利がもったいない?いやいや、たかっちは車を購入できるだけのキャッシュは余裕で持っていますが、敢えてマイカーローンを組んでいます。その理由は以下の通りです。

マイカーローンの金利は思ったより安い

後述しますが、マイカーローンは、サラ金がやっているフリーローン、カードローン等と比較するとかなり金利が安いです。

担保不要

担保についてはカードローンと同じく無担保でいけます。

優待クロス資金を減らさずに済む

車を購入すると200~300万といった金が消えてしまいます。その分、優待クロスができなくなってしまうということになりますが、ローンでカバーすれば投資資金を減らさずに済みます。

投資資金の減少を借金でカバーするというのはリスキーに思えますが、優待クロスを中心としたローリスク投資で活用するなら別ですよね。たかっちは優待クロス資金が減るのが非常に嫌だったので、車を購入検討する際に真っ先にローンを組むことが頭に浮かびました。

どこでローンを組むか

ディーラーのカーローン

車を購入したことがある方は営業にディーラーのローン加入を勧められませんでしたか?残念ながら、ディーラーが提供しているローンを組むことはお勧めできません。ディーラーに全部お任せできて楽ではありますが、金利が高いケースがほとんどです

ただし、ディーラーのカーローンを組むと、キャッシュバックを受けることができたり、なんちゃら会員がゴールドになる特典なる等の特典が得られることがあります。この辺はディーラー次第でもありますが、車を購入する前に詳細を営業にしっかり確認する必要があります。確認するポイントは特典を得るために最低限必要な借入額と期間などですね。たかっちはこれらの特典を満たすために、30万/3年のディーラーローンの組みました。

銀行等のカーローン

ディーラーのローンは金利が高いので、結局別のローンを探したほうがいいということになります。探し方は超簡単です。価格.comとかで人気ランキングがありますから、ここで調べましょう。選別は金利と組める期間で行います。

どうです?金利割と安くないですか?2019年11月時点で年利2%未満のローンが結構あります。優待クロスだけだとしても投資資金の2%はさすがに1年で稼げるのではないでしょうか。たかっちは価格.comを検討した結果、横浜銀行でローンを組みました。

また会社や労働組合が福利厚生でカーローンを提供していることもあります。その辺もリサーチ必要かと思います。

ローンの手数料

カーローンを組む際には、金利以外に取扱手数料と印紙代が発生します。たかっちはローン契約を組む際に以下を支払っています。

3240円(取扱手数料)+2000円(印紙代)

まあこればかりは仕方ないですね、必要経費です。

あと本当は融資する銀行から融資先への振込手数料が発生します。これが地味に高いのですよ。今回組んだローンだと864円かかりました。振込手数料が高い理由は店頭対応の振り込みだからですね。

しかし、ディーラーが振込手数料を負担してくれるというので、実際はその864円はたかっちは負担なしでした。手数料無料で振り込むのが当たり前な私たちにとっては、ディーラーの手数料負担はどうでもいいやと考えますが、カーローンを組む際には使えますね♪

ローン手続きの流れ

たかっちがカーローンを組んだときのケースで説明します。多分他の銀行でも似た手順になると思います。

1.仮審査の申し込み

Webから仮審査の申し込みをします。借入希望額については、購入前であれば見積書、購入後であれば注文書に書かれている金額の範囲内で記載します。当然たかっちはMAX額を記入しました。(金をできるだけ借りたくてローン組んでますからね)

早い場合は翌日に仮審査結果が届きます。

2.正式審査に必要な書類の提出

正式審査に必要な書類を提出します。昨今はインターネットで画像アップロードする形で提出できたりします。提出する書類は、以下でした。

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)
  • 健康保険証
  • 使い道を確認できる書類(車の見積書、注文書等)

借入額が高額になる場合は源泉徴収票なども必要になるみたいです。

3.ローン契約

ローンを契約します。たかっちは横浜銀行でローンを組みましたが、横浜銀行の口座を持っていない場合は窓口手続きが必要と言われてしまいましたので、平日に窓口で契約してきました。

ローン契約というのは融資をすることが確定している状態で行うわけですから、当然車購入を証明できる書類(注文書、ディーラーとの契約書)のコピーを提出する必要があります

4.融資実行

融資は銀行からディーラーに直接振り込みが行われます。契約時に車の注文書の提出も必要ですし、多めに借りるなどのズルはできませんねwローン契約から融資実行までは1週間ほどかかりました。

カーローンを組むタイミング

たかっちは車の購入契約をしてからカーローンの調査を開始しました。正直これでは遅いと思います。というのも、仮審査申込からしてから融資実行までに2,3週間は普通にかかります。皆さんは仮審査申込、正式審査申込くらいは、車購入前に済ませてしまってもよいかなと思います。もし車を購入してから融資先を探す場合は、融資時期についてディーラーに相談したほうが良いでしょう。

実際の借入額はローン契約の時点で決定します。確か自分の記憶だと「実際の借入額」が「正式審査を通した借入希望額」より高くなると再審査が必要だったと思うので、マイカーローンを申し込む際は想定より少し高めの金額を借入希望額を設定した方がよいかもしれません。

まとめ

住宅と同じで車もできる限りローンを組んで金融資産を増やすことがベストかと思います。ご参考までに♪

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代某大手IT企業サラリーマン。 20代で社会保険労務士取得。妻娘の3人家族。爆益をあげているハイリスカー達を後目に、リスクを嫌い小銭を稼ぐ孤高の戦士。 2017年2月より株をスタートし、着実に収益確保。過去実施してきた財テクも含め情報発信していきます。