持ち家派vs賃貸派、一戸建て派vsマンション派の戦い

ネット上で度々繰り返される

  • 持ち家派vs賃貸派
  • 一戸建てvsマンション

の論争ですが、記事見るたびにヤレヤレって思うことが多いですね。自分なりの見解をまとめていきます。

持ち家と賃貸どっちがよい?

どちらが良いかなんて、当人によって変わってきますから、一概にどっちがいいなんてことは言えるはずもありません。

お金の損得でみると

家買うとわかりますが、持ち家と同じグレードの賃貸に住もうと思ったら、ローンの組み方にもよりますが、35年ローンと仮定したローン返済月額と比較するとかなり高額な家賃を払わなければいけません(我が家のケースだと大体ローン返済月額の1.6倍くらいの家賃払って同じグレードの賃貸に住めるイメージです)。おまけに持ち家の場合はローン返済はいつか完了して家が資産として残りますが、賃貸は何も残りません。なので、長く住む可能性が高いのであれば、たかっちとしては持ち家推奨ですね。

ちなみに2019年7月現在の金利における家を購入した場合のローン利息は、少なくとも住宅ローン控除が終わる期間中は気にする必要はありません。むしろ家を購入したら住宅ローン控除で得してウハウハです。

逆に、転勤が多いとか、あまり定住したくないとか、引っ越しやすい方は賃貸がいいでしょう。別の方法として、引っ越しやすい方でも家を購入し、その後引っ越す場合はその家をほかの人に貸して家賃収入を得る方法もとれますね。しかし、これは不動産投資にあたるので、上級者向けではあります。

また会社勤めの方だと、賃貸でも家賃補助、社宅等で割安に住める方もいますね。そういう方は賃貸に住み続ける選択もありかと思います。

持ち家は数十年後に空き家だらけになって資産価値が下落する?

将来的に人口が減っていって空き家が増え、不動産価格が下落するから家購入はやめて賃貸が良いよという話ですね。将来的な不動産価格の下落については本当だと思いますが、人生有限ですからたかっちとしては不動産価値が下落するまで数十年も待ってられませんので、この事情はあまり気にしませんし、いくら下落するからって不動産価値が0になるわけでもありません。高齢になる前に安い費用でいい家住みたければ、家購入しましょう。

持ち家はランニングコストがかかる

主には固定資産税と屋根・壁の耐水処理等の維持費ですね。固定資産税は家買って数年は1/2になる軽減措置がありますが、それ以降は割と金かかります(一般的な家だと年間10~15万円ほど)。維持費についてはまだたかっち家には特に発生していないですが、10年あたり100~200万円ほどのコストを想定しておいたほうがよいかなと思います。

このようなランニングコストがかかるので、持ち家のコストパフォーマンスは悪化しますが、まあ先ほど挙げた1.6倍が1.3倍になるとかその程度でしょう。

一戸建てとマンションどっちがよい?

これも場合によりますね。

立地にこだわるならマンション

一戸建てに比べるとマンションは土地に対するコストが小さいです。なので、駅近くに住みたいとか、都心の方に住みたいのであればマンションってことになりますね。

というか都心の方に戸建て買うと下手すれば、普通の家でも億が見えてきますので、都心の一等地に戸建ては一般ピープルには非常に敷居が高いと思います。都心でなくても駅近くなどを狙うのであれば必然的にマンションになるかと思います。

家の仕様にこだわるなら戸建ての注文住宅

もうここからは一般的な金銭感覚だけでは語れない領域がありますよね?たかっちは音楽が好きで、10代の頃から

  • 自分の音楽スタジオが欲しい

という夢がありました。コスト云々じゃないんですよ、気が向いたら家でドラム叩きたいのです。今となってはこの夢を叶えられたわけですが、金は滅茶苦茶かかってます。贅沢か?と言われたら否定しませんよ。でもこの贅沢できるのは新築戸建てでないと中々難しいです。

このブログの読者の方々でも独自のこだわりがある方いますよね。もちろん中古物件購入や賃貸で、そのこだわりがある家に住めるならそれでもかまわないのですが、そういう条件をパーフェクトにそろえた既存物件は中々ないです。

あと脱線しますが、戸建てには太陽光パネルを乗せられるというメリットがありました。マンションにはない戸建ての特権ですね。

さいごに

私は一戸建ての注文住宅住んでいることもあり、戸建て購入押しになってしまいがちですが、皆さん好きにすればいいのですよ

色々住む場所変えながら生きていきたいとか、将来的には田舎でのんびり暮らしたいとか、定住したくない人も居ますよね。家を買ってしまったら、転勤等のどうしようもない事情を除き基本的にはそこに定住ですから、定住したくない方は賃貸に住めばよいのです。

ただしどのような選択をするとしても、家を買う買わないというのは一生を左右する事象ですから、念入りに調査してご自分の価値観で判断してください。家を買う方は、ハウスメーカー/ローンの調査を念入りにすべきですし、賃貸に住み続ける方は後になって「若い時家買っとけばよかったな~」ということにならないよう絶対的な価値観を持ち続けてください。

皆様が最良な選択をなされることお祈り申し上げます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代某大手IT企業サラリーマン。 20代で社会保険労務士取得。妻娘の3人家族。爆益をあげているハイリスカー達を後目に、リスクを嫌い小銭を稼ぐ孤高の戦士。 2017年2月より株をスタートし、着実に収益確保。過去実施してきた財テクも含め情報発信していきます。